ケーブル式常時海底地震観測システム


東海地震・東南海地震の想定震源域に敷設され、海溝型地震の監視に活用するため、NECが2008年7月3日に構築し、気象庁に供給したと発表した総長220kmの海底地震観測システムです。

>> さらに詳細な情報はこちら