携帯電話と睡眠不足の調査レポート


スウェーデンのSahlgren's Academyの研究者が14〜20歳の21人の健康な被験者を実験した結果、携帯電話を過度に利用する若者は、眠りが途切れがちになったり、落ち着きがなくなったり、ストレスや倦怠感を感じやすい傾向があると、APSS(Associated Professional Sleep Societies)の年次学会で発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら