携帯電話に基本的人権は必要か?

Is the Mobile Phone a Basic Human Right?

iSuppliによると、2006年の26億から、2010年までに無線通信サービスのための世界的な加入者の数が40億に増加すると予想され、この成長は主に発展途上国の新しい加入者で実現されることから、これは世界全人口の66.6%が携帯電話を持つことになり、残りの33.3%の人にその可能性を否定したとき、人種差別になり、人権問題になるというのです。さらにその中には黙秘権を主張する人もいることから、その割合はさらに激しいことになり、黙秘権は、携帯電話の購入を拒否すればできるが、貧乏な人が購入しようにも金がない場合に、携帯電話で話す権利が剥奪されていることになり、人権が否定されたことになることから話題になり始めた、来ノン敵陣軒と携帯電話問題です。

>> さらに詳細な情報はこちら