現在の米国ジャーナリズムが死ぬとき!?


FCCのチェアーマンKevin MartinがFCCのメディア所有権規則の正式なレビューを再展開するために、2006年7月25日に発行した「Further Notice of Proposed Rulemaking」では、あいまいだが、意図は明確で、いくつかの巨大なメディア会社が単一市場で、よりローカルのテレビ・チャンネル、放送局、および新聞をなくそうとしていることから登場し予測です。

>> さらに詳細な情報はこちら