言語天文台


地球上には6000以上の言語があるにも係わらず、デジタルネットワーク上で不自由なく利用できる言語は一部に過ぎず、文字コード(パソコン表示に必要な情報)が未開発のため、ネットで疎外され、「言語間デジタルデバイド」解消し、少数言語を救済する目的で、新潟県長岡市の長岡技術科学大学の三上喜貴経営情報系教授が中心になって実施している少数言語救済プロジェクトです。

>> さらに詳細な情報はこちら