ケーブルとDSLの違い


ケーブルはCATVが採用している光ファイバー・ケーブルのバックボーン・ネットワークを利用し、最後のラストワンマイルは動線で接続され、DSLは既存の電話回線を技術的にサポートして高速化しています。

>> さらに詳細な情報はこちら


CATVユーザーとiTV(interactive TeleVision)
米国のブロードバンドとダイヤルアップにおける家庭環境の違い
TeleGeography社の世界のケーブルと衛星通信マップ案内ページ
Nielsenの米国における1999/2000インターネット低速と高速接続の伸び
Jupiterによる2000〜2004年ダイヤルアップとブロードバンドの予測
米国の2000年4月〜2001年1月のDSLとCATVインターネット接続事情
DSL reportのMLに登場した「Oh my! What a surprise!」
SBCによる米国のDSLユーザー
1470年にニュールンベルグで制作された「知識の塔」
1548年にベルリンで制作された「法則の塔」
1500年頃に制作された鞭を持つ先生と8人の生徒
1592年に制作されたW.L.Schreiber Potsdamの教育現場
ロバに例えられた17世紀の教育
2001年6月現在の北米広帯域通信の現状
ヨーロッパと米国の広帯域ユーザーの2005年予測
2000〜2004年のブロードバンド・ユーザー1
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
Googleが公開した2001年9月11日の同時多発テロ関連アクセス・ログ
2001年10月31日の近畿地方におけるブロードバンドエリアの現況
2001年10月31日の近畿地方のケーブルテレビインターネットの現状
2001年10月31日の近畿地方のDSLサービスの現状
GAOによる2001年10月16日のバックボーン・マーケットの調査報告
NTIAのブロードバンドの開発に対するコメント
Cable Data Newsが2001年3月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
Cable Data Newsが2001年6月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
Cable Data Newsが2001年12月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
2001年12月のナローバンドとブロードバンドのユーザー比較
米国のPIP reportsが公開したブロードバンド革命調査レポート
Parks Associatesが2002年8月7日に公開した米国のブロードバンド化予測
Illustrirte Zeitung1849年5月26日に掲載された腕白小僧のしつけ風景