警察庁情報セキュリティ政策大系-3

II 背景

警察庁が2000年2月17日に、クラッカーやサイバーテロの脅威に対抗するために発表し、公開した情報セキュリティ政策をまとめた大系の「II 背 景」です。

>> さらに詳細な情報はこちら


図-1 わが国のインターネットホスト数の推移
図-2 セキュリティを高めるためのOSや市販ソフトのアップグレードの実施状況
図-3 被害発生時の措置要領の制定状況
図-4 CERT及びJPCERTの取扱件数の推移
図-5 ハイテク犯罪対策重点推進プログラム
図-6 不正アクセス禁止法概要
インターネットユーザーのオンライン金融の利用率
1998〜1999年におけるインターネットの経済的重点
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
US$で対応している中国人のインターネット・ユーザー
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
オンライン・ショップで衣類を購入する理由
オンライン・ショップの衣類購入トラブルの原因
世界のオンライン・ショップ利用目的の割合分布
国別オンライン・ショップ利用率ランキング
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
米国の学校に接続されたインターネットの数と利用環境
親と学生による教育に必要な要素比較
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
米国の年齢別インターネットユーザーの利用時間
米国の13〜24歳がオンラインで購入する商品の傾向
NCLのプライバシー問題報告
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
米国エネルギー省が公表しているmap of cyberspace
米国エネルギー省が公表しているmap of the ecology of cyberspace
米国エネルギー省が公表しているmap of industrial power
1470年にニュールンベルグで制作された「知識の塔」
1548年にベルリンで制作された「法則の塔」
1500年頃に制作された鞭を持つ先生と8人の生徒
1592年に制作されたW.L.Schreiber Potsdamの教育現場
ロバに例えられた17世紀の教育
米国エネルギー省が公表しているmap of democratic power
米国の2001年エネルギー白書(US National Energy Policy May 2001)
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
米国における2001年5月と6月のサイバー経済
2000〜2004年のブロードバンド・ユーザー
Pew Internet & American Life ProjectのThe Internet and Educationレポート2001/09/01
米国のGAOが2001年7月25日に公開したセキュリティ・レポート
Bio-Terry & MASCAPが公開したバイオケミカル・テロの歴史
GAOが公開した生物化学兵器テロ情報
GAOが公開した化学及び生物化学兵器の状況
FBIとSANS Instituteが2001年10月2日に発表したInternet Security Top20
Infomation Security Magazineが2001年10月1日に公開した2001 Industry Survey
同時多発テロ以降のオンラインショップ意識と2001年年末商戦
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill目次
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-1-1
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-1-2
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-2
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-3
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-4
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-5
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-6
e-Learningとして利用されているツールや状況
GAOが2002年2月1日に公開したJim Giboonsによる「School Dropouts」
米国政府が2003年度として要求した国防予算と1999年の25カ国国防予算
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
コンピュータ処理されたデータで公開できる情報の査定をレポート
コンピュータ・セキュリティの進化にともなう批判とリスク
オランダのDr.Jan GrijpinkとDr Corien Prinsが公開した匿名電子情報交換の新ルール
米国警察による1992-2000の犯罪報告
FDICによる情報セキュリティとリスクに関するレポート
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
GAOが2003年12月12日に公開した、テロと経済に関するメカニズムのレポート
Illustrirte Zeitung1845年1月4日号に掲載された有機化学を体系化したJustus Liebig
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の外観
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の研究室
Illustrirte Zeitung1849年5月26日に掲載された腕白小僧のしつけ風景
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたDubois Reymond物理実験
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたウサギの電気実験
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された物理学者Christian Friedrich
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」報告書について
「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」報告書
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
GAOが2004年7月28日に訴えた、情報保護とAuthorizingシステムズのレポート
IPAがKISAと情報セキュリティに関する協力関係を締結した報告
FBIの2004年 2009年計画
日本経団連が2005年3月15日に公開した、「企業の情報セキュリティのあり方に関する提言」概要
日本経団連が2005年3月15日に公開した、「企業の情報セキュリティのあり方に関する提言」本文
企業における情報セキュリティガバナンスのあり方に関する研究会報告書
IPAが2005年3月31日に公開した「コンピュータ・セキュリティ〜2004年の傾向と今後の対策〜」
経済産業省情報セキュリティ政策室の情報セキュリティ対策ベンチマークシステムの公開について
毎日届く「fbi.gov」「cia.gov」のウイルス付きメール
GAOが2007年4月19日に公開した、Gregory C. Wilshusenの情報セキュリティ証言