経済活動の電子化による環境負荷低効果に関する調査会


郵政省(当時)が、流通、生産、消費などの分野で経済活動を電子化すれば環境への悪影響が低減できるのではないかとして、環境負荷低減効果を評価する手法と指標を確立することを目的に、1996年10月29日に設立した調査会です。

>> さらに詳細な情報はこちら