可逆コンピューテイション

reversible computations


現在の2次元配列のICより密度の高いICが実現し、3次元配列が可能となり、アーキテクチャーは熱エネルギーを再利用することからチップが小型で、平坦な長方形でなくてはならないという散逸制約から開放された、人工知能の研究を行うHugo de Garis研究員が予測する現在の技術と異なった新しいタイプのコンピュータです。

>> さらに詳細な情報はこちら