ヨーロッパのマルチメディア・アートの歴史的背景-2

(Multi)Media Art in Central and Eastern European Countries - PART TWOof An Outline


ポーランドのロッツ大学でフィルムとメディアの理論と芸術論を教え、ワルシャワのコンテンポラリーアート・センターのメディア・アート担当者であるRyszard W. Kluszczynski教授がRHIZOME INTERNETで公開したヨーロッパのマルチメディアの歴史を知るのに重要な論文です。

>> さらに詳細な情報はこちら


ヨーロッパのマルチメディア・アートの歴史的背景-1
RHIZOME
デジタルカメラの流れ/1993年まで
デジタルカメラの流れ/1994から1997年まで
デジタルカメラの流れ/1998年
デジタルカメラの流れ/1999年
デジタルカメラの流れ/2000年前半
デジタルカメラの流れ/2000年後半
デジタルカメラの流れ/2001年前半
デジタルカメラの流れ/2001年後半
デジタルカメラの流れ/2002年前半
デジタルカメラの流れ/2002年後半
デジタルカメラの流れ/2003年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第4四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第4四半期
デジタル環境の発達史〜1944年
デジタル環境の発達史1945年〜1959年
デジタル環境の発達史1960年〜1964年
デジタル環境の発達史1965年〜1969年
デジタル環境の発達史1970年〜1974年
デジタル環境の発達史1975年〜1979年
デジタル環境の発達史1980年〜1982年
デジタル環境の発達史1983年〜1984年
デジタル環境の発達史1985年
デジタル環境の発達史1986年
デジタル環境の発達史1987年
デジタル環境の発達史1988年
デジタル環境の発達史1989年
デジタル環境の発達史1990年
デジタル環境の発達史1991年
デジタル環境の発達史1992年
デジタル環境の発達史1993年〜
サイバー博物館のホームページ(日本語)
サイバー博物館のホームページ(外国語)
パソコン関連の著作権事件年表
RMNイメージアーカイブ
データベース保護法案
MHTML(Multilingual HTML)
家族で博物館を訪ね、一緒に勉強するためのガイド
マルチメディア関連一般科学史年表
variable media initiative
告発の歴史
富山県立近代美術館裁判
この2000年で最も大事な発明はなにか?
デジタル書誌学
Metasystemik Ink
SuperWeed
New New Media Art
デヴァン
キュレーター
Telepresence
オランダの遺産と偽物ショップ 'Artificial Geography'
未来人間
1940年代の情報があるURL
1950年代の情報があるURL
1960年代の情報があるURL
1970年代の情報があるURL
1980年代の情報があるURL
未来年表
未来年表-2
未来年表-3
未来年表-4
EU関連のURL
ネット・ミュージアム計画推進委員会
どのようにしてメデイアは進化したか
The Universal Pageに関するインタビュー
コンテンツと歴史から成り立つMuseum Europe
Peter Luiningへのインタビュー
CIMI(Consortium for the Interchange of Museum Information)
Dot-Museum
博物館学芸員Kathy Clelandへのインタビュー
Directable Characters
Creative Commons
コンピュータ以外の2000年問題のURL
自由利用マーク
EYEマーク
FIAC(Foire Internationale d'Art Contemporain)
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク
メディア・アートと科学技術の歴史国際会議
歴史を作った声
Smithsonian Folkways Recordings
情報社会学
デジタル出版