よだれかけ


人物に照明を当てるとき、バックライトがトップライト気味になると、その人物の頭の影が胸の当たりにでき、まるでお地蔵さんのよだれかけのような影ができることから呼ばれる業界用語です。

>> さらに詳細な情報はこちら