麻薬とメディア/2008年

Drug and Media/2008


法律問題についてニュースを配信している米国のRaw Storyは2008年1月1日に、カリフォルニアのProposition215は11年前に、痛みに関する処理、化学療法の副作用、および他の病気用として医学のマリファナ使用を合法化した。
しかし、連邦政府は、すべてのマリファナ使用を不法であるとみなしていて、国法が何を許容しても最高裁判所は薬局を追いかけ、原文のままを正しいこととする連邦のDEA(Drug Enforcement Agency/麻薬取締局)を動かしているその矛盾が表面化していると報告しています。

>> さらに詳細な情報はこちら