マルチメディア・コンペの審査で起こる悲劇


マルチメディア関連、CG関連、映画などのコンペが多くなり、にぎやかさを増すために有名な評論家や有名大学の教授などが審査員として参加するようになっているが、実際には評論家や年をとった教授では日進月歩進化し続けているマルチメディア技術やCG技術を充分に理解していることは少なく、将来を見据えた場合、芸術面と技術面を平等に審査した結果として評価すべきであるのに対し、往々にして芸術性だけを審査対象にすることが多く、技術的に高い作品が落選するという悲劇が起こっています。

>> さらに詳細な情報はこちら