まず、大人がインターネットを知るべきである。


全世界がインターネットを教育に取り入れるべきであるという発想から、各学校などにパソコンを導入し、あわてて先生はパソコンを勉強することになり、子供は昔からテレビ・ゲームなどでコンピュータに慣れ親しんでいることから覚えるのも早く、先生は子供に教える立場にも係わらず、覚えることが遅くなると言うパラドックスが起こり、生徒が知らないことを先生が知っているというプライドのために、簡単なことを難しく教えるという不思議な現象が起こっています。

>> さらに詳細な情報はこちら