マイナス・ワン演奏


でき上がりの演奏の中から、自分が練習したいパートの楽器だけを消したミュート演奏で、コンピュータを利用したDTMを使用すれば簡単に「マイナス・ワン演奏」を作り出すことができます。

>> さらに詳細な情報はこちら