放送における公正の原則


放送ライセンスは有限数によって制限されているため、免許所有者は限られた公共の電波の専用と引き換えにある公益義務を認めている。そのような義務の1つが「公正の原則」で、その「公正の原則は、さまざまな視点から電波上で彼らが支持した免許所有者が、どのような環境でも聞くことができることを保証することになっていました。

>> さらに詳細な情報はこちら


冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
IT(情報技術)時代のNHKビジョン
IT(情報技術)時代のNHKビジョンの内容
NHK放送メディア研究会
NHK放送受信料
NHKのインターネット・ニュース配信
国会議員介入によるNHKの番組内容改ざん
NHK政治圧力、マスコミ・メディア操作に関する声明
NHKの公開質問状の要旨
VAWW-NETジャパンより海老沢勝二NHK会長への公開質問状
米国メディアが売春婦である理由
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
TI世界腐敗バロメーター
日本のニュースは世界で最も信頼できないメディア?
ブラック・ジャーナリズム
検閲ジャーナリズム
タニマチ記事
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
10代をターゲットにしたテレビの衰退!?
BBCの未来に向けた挑戦「生きるべきか、死ぬべきか!」
ディープスロート
国民洗脳ブロガー
一人の印刷版新聞読者に相当する100人のWeb版新聞読者!
新聞の読者は増えている!
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY