不謹慎立法/2008年


米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年3月13日に、FCCが受け付けた一般放送などでのクレーム・レポートとして「ITelecommunications: FCC Has Made Some Progress in the Management of Its Enforcement Program but Faces Limitations, and Additional Actions Are Needed. GAO-08-125」を公開し、FCCによって受けられた苦情の数は、2003年から2006年の間に約45万4000のクレームがあったと報告しました。

>> さらに詳細な情報はこちら