プロバイダ責任制限法-発信者情報開示関係ガイドライン(案)

ネット上のプライバシー侵害や名誉毀損、発信者情報開示へのガイドライン

プロバイダ責任法施行にともない、プロバイダ責任制限法第4条に関する対応について、裁判外において発信者情報を開示することも可能だが、プロバイダ等が判断を誤って発信者情報の開示を行った場合には発信者に対して損害賠償責任を負うことともあり得ることから、2007年1月10日に公開したガイドライン案です。

>> さらに詳細な情報はこちら