双子の光子

=|1,1>

光子対>>光パラメトリック光子対

量子力学の原理を応用し、量子的な過程で同時に発生した光子(光の粒)2個(光子対)のことで、この同時に発生した光子2個は、二光子干渉と呼ばれる現象が発生し、どれだけ遠くに引き離しても、片方を操作した瞬間にもう一方も同じように操作されます。

>> さらに詳細な情報はこちら