プロ・ユース

pro use


マシンなどを開発する場合、そのマシンが専門家向けか、一般消費者向けかで、価格設定やデザインなどに大きな影響を及ぼし、専門家向けのことで、まず、プロ・ユースが開発され、その後コンシューマー向けが開発されることが多いです。

>> さらに詳細な情報はこちら