ブロードバンド時代における放送番組制作に関する検討会


放送が民主的な社会運営のための報道、娯楽の提供と、消費者向け情報の提供など国民に身近な情報入手手段としての重要な社会的、また文化的機能を担っていることから、一定の制約の下で健全に発展していくように、総務省が2002年10月23日に発足した、放送用番組の制作委託・受託ルールなどについての問題点を整理する検討会です。

>> さらに詳細な情報はこちら