プロテクト外し規制


本来、違法コピーを取り締まるために考えられた規制で、、WIPOが1996年5月23日にインターネットなど、電子ネットワークで送信される情報や音声、映像の著作権を保護するルールを作ることで合意し、25年ぶりのベルヌ条約改定に乗り出した結果として、米国のDigital Millennium Copyright Actに合わせる形で通産省(当時)と文部省(当時)が著作権法を改正してWIPOに基づいたデジタル・プロテクト破りの規制として提案しています。

>> さらに詳細な情報はこちら