ブルー・リボン・キャンペーン

blue ribbon campaign

ブーイング

米国の市民団体がインターネット上で抗議運動のことで、最初はンターネット上でのワイセツ表現の規制条例(Communication Decency Act)を盛り込んだ米国の電気通信法改革法案が1996年2月2日の可決にともなって、この規制条例が憲法で保障された表現の自由の侵害に当たるとして起こりました。

>> さらに詳細な情報はこちら