プリクラッシュ・セーフティ


運転中の車の衝突を事前に判断し、安全装備を作動させることで被害を軽減する新システムで、トヨタ自動車は2002年6月27日に、ミリ波レーダーを活用し、進路上の車両や障害物を認知して、衝突を回避できないかどうかを判断する「プリクラッシュ・センサー」、衝突が起こってしまった場合にシートベルトを締める「プリクラッシュ・シートベルト」、ブレーキ操作を支援する「プリクラッシュ・ブレーキ」で構成された「プリクラッシュ・セーフティ」を開発したと発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら