ブランドの崩壊


フランスやイタリアのファッション・ブランドは、買い手市場を限定することで、戦争などによる世の中の景気、不景気の嵐にも強かったが、売り上げを伸ばすことを目的に、大衆化路線を取り始め、ちょっとリッチな気分にさせるようになってきたが、そのおかげで不景気の嵐をまともに受けるようになり、オートクチュール市場を放棄するブランドも登場し始めました。

>> さらに詳細な情報はこちら