フラット・インテンシティ・レンズ

FIL/Flat Intensity Lens

強度分布一定変換素子

富士通研究所が開発し、1998年9月に発表した、レンズをディスクの読み取り・書き込み装置に付け加えるだけで、DVDやMOなど半導体レーザー光を利用する記録媒体の記録容量を20%増し、データ転送速度を60%高速化することができる特殊な形状のレンズです。

>> さらに詳細な情報はこちら