プラズマ・クラスターイオンによる空気浄化技術


プラズマ放電によって、水の分子に取り囲まれたプラスとマイナスのイオン「除菌イオン」を作り、それを空気中に大量に放出することにより、イオンが微粒子(菌や臭いの分子)に凝集し、化学反応する性質を応用して、おもに浮遊真菌(カビ)や臭いの分子を分解・不活化する技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら