フォント1000


味岡伸太郎を中心に、日本語で「本当に必要な文字数とは」という素朴な疑問から誕生した、日本文を組むのに最低の漢字1000字を選定し、さまざまなフォント制作にチャレンジしようという文字デザイン指向の強い考え方で、新聞社、出版社、国語研究所等の使用頻度表から選んだ、ベスト1000です。

>> さらに詳細な情報はこちら