フォルマントシンギング音源


「フォルマント(formant)」とは、母音の構成素音で、言語学的には語幹形成辞(deteminative)にあたり、派生接辞として人の声を分析するときなどに利用されることが多い。ヤマハがこのフォルマントを元に開発し、パソコンにメロディパートの旋律とひらがなの歌詞を入力すればその通りにパソコンが歌を唄うことができる音源システムの名称。性別や年齢を選び、声の質や息継ぎなどもプログラムすることができ、シンセサイザーで好みの楽器音や効果音を合成するように、自分のイメージに合わせて人の歌声を合成できる。フォルマントシンギング音源を利用することで、人の声を特徴づける周波数分布(formant/フォルマント)を高速な演算処理により多数作成し、それらを組み合わせることにより、人の歌声をリアルタイムに合成することができる。シンセサイザー博物館SynthMuseumはURL(http://www.synthmuseum.com/)にある。ヤマハは新旧のマニュアルがPDFでダウンロードできる「マニュアルライブラリ」を提供している。詳細情報はURL(http://www2.yamaha.co.jp/manual/japan/menu_f.html)で知ることができる。