フォービズム

Fauvisme

野獣派

1905年にパリで開催された展覧会サロン・ドートンス(秋のサロン)の1室が原色を使った強烈な色彩と、奔放なタッチで描かれた作品群で埋め尽くされ、それを見たルイ・ボークセルが「フォーブリ(野獣の檻/fauverie)」とたたえたことで命名された絵画運動です。

>> さらに詳細な情報はこちら