フィンガー・ビブラート


チョーキングのように、弦を弾いた後にフレットを押さえている指を押し上げ、その後に細かく震わせる、クラシックギターなどで多用する奏法です。

>> さらに詳細な情報はこちら