非接触型フリーパス乗車システム

自動改札システム

改札口でカードをかざすだけで通り抜けできるシステムの総称。改札口のチェック・マシン(読み取り機)から発する電波でIC内蔵のカードから有効期限や利用区間などの情報を解読し、運賃清算の内容などを画面表示するシステムが開発されている。利用区間が定まった定期券タイプのカードの場合は、従来のように自動改札口で定期券を取り出して機械に挿入する手間が省ける。プリペイド・カードのような場合には、カードを購入すれば駅で切符に交換する必要がなくなり、乗り越した場合でもカードの残高から自動的に引き落としてくれるため清算の必要がなくなる。同じカードを複数の人が同時に使用した場合には警報ブザーが鳴り、不正乗車の防止にも効果がある。1995年5月、JR西日本では、大阪市北区の本社内で実施した実用テストに成功し、改札時間の短縮も確認され、混雑緩和に役立ち、キセル乗車の防止にもなるとして試験運用を実施している。また、各機械メーカーがさかんにスキー場施設へ売り込んでいる。リフトの入口に設置した自動改札を設置し、ICカードのリフト券を提示するだけで自動的にゲートが開閉するスキー場の自動改札システムが実用化している。例えば、エム・ケー・シーが1990年に国内ではじめて岩岳スキー場に納入し、その後、1992年にイタリアのOlivetti社が志賀高原スキー場に、1994年にみやぎ蔵王えぼしスキー場、黒姫高原スキー場に納入している。1995年には、東芝エンジニアリングが八方尾根スキー場から受注し、富士電機が蔵王スキー場に自動改札機を納入した。また、樫山工業と共同でニセコ・スキー場、蔵王ライザ・スキー場にも納入するなど、飛躍的に非接触型フリーパス乗車システムのスキー場への納入が伸びている。機能も、単機能から書き込み可能なICカードで1日券、2日券、回数券、ナイター券などあらゆる券の種類に対応できるカードも登場し、今後リフトの寒い入口で待たされることが少なくなることだろう。高速道路の料金所にも非接触型フリーパス乗車システムの導入が計画されている。1996年7月4日にNTTデータ通信、沖電気、ソニー、財団法人鉄道総合技術研究所など9社が発起人になり、非接触型ICカードを使用した自動改札システムの開発を目指す汎用電子乗車券研究組合が設立された。今後1つの乗車カードを鉄道やバスなど複数の公共交通機関で利用でき、クレジットカードとしても使用できる「共通乗車カードシステム」の開発も計画している。MONDEX用ICカードをを開発した日立製作所は1997年10月15日から厚さ0.25mmの非接触ICカードを発売した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/index-j.html)で知ることができる。既に海外ではヨーロッパを中心にICカードの実用化が進み、隣の韓国でもソウルで非接触型ICカードによるバスの交通料金処理システムが稼働し、ICカードが約300万枚配布され、利用可能なバスも約9000台稼動している。1997年は、神戸で3万人を対象にしたVISAキャッシュ・クローズドループ型の実験プロジェクトが始まり、NTTによるテレホンカードやJR東日本の定期券やプリペイド・カードといった非接触型ICカードによる実用化実験が大きな話題を呼んだ。1997年6月のIBM総合フェアでは、実際に接触型ICカードを使った体験デモが実施されている。1998年には、6月に非接触型ICカードを使って汎用電子乗車券技術研究組合(TRAMET)が、どんな交通機関でも利用できる電子乗車券の開発・実用化実験を実施し、渋谷では接触型カードを利用して端末数1000台,ICカード発行数10万人という世界最大規模のVISAキャッシュ実験でも最大規模実用化実験が実施される。1998年は日本のICカード実用化元年に成る可能性が高い。日本電気精器は1998年4月から、非接触型のICカード・タグ用リーダー/ライターのモジュール(基板)型をOEM受注し、月産4000台の出荷を開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.nec.co.jp/japanese/today/newsrel/9803/2402.html)で知ることができる。インターネットを利用した電子チケット販売サービスを実施している「e-ticket.net」が、会場に用意されたリーダーライターにICカードをかざすことで入場できる非接触型のICカードを採用し、1998年11月18日に横浜アリーナで行なわれたhide with Spread Beaverのコンサートで初めて「e-ticketカード」導入した。このe-ticketカードは消去・書き換え可能なメモリを搭載し、会員のIDや公演情報などを保存できるが、リーダーライターなどをパソコンに接続し、インターネットを通じて電子チケットをICカードに書き込む方式ではなく、ホームページでチケットを購入すると、e-ticket.netのデータベースに購入者として登録され、e-ticketカードにチケット情報を書き込まれた形で郵送され、入場時にICカードのIDと照会して、その公演の電子チケットと会場に入場したことを示す情報が書き込まれる。2回目以降、IDの照会用としてe-ticketカードが機能するようになる。詳細情報はURL(http://www.e-ticket.net/)で知ることができる。NTTは非接触型の専用ICカードと専用公衆電話機を開発、1999年1月21日に郵政省に事業化に向けた認可申請書を提出し、同時に1999年1月21日に「ICカード・ICカード公衆電話機の導入について」というニュースリリースを発表した。ただし、ICカードの場合プリペイドカードより、生産コストが高くなるため、1000円(105度数)、2000円(210度数)、3000円(320度数)の3種類を用意し、300円、500円の低額のICカードは受注製品として販売する計画である。大日本印刷と米国のモトローラ(Motorola)社は2000年2月22日に、BiStatixを活用した非接触型のICチップを利用したラベルの開発およびアプリケーションの販売に関する覚書を締結した。大日本印刷は腕時計タイプの非接触ICシステムを開発し、2000年9月20日に有明の東京ビッグサイトで開かれる「セキュアカード&ソリューションズ東京2000」で技術概要を公開した。NTT情報流通プラットフォーム研究所は2001年11月29日に、非接触型のICカードを利用して、交通機関や店舗での決済に高速処理が可能な楕円暗号署名を採用することで、処理時間250ミリ秒以下の高速認証を可能にした電子マネーシステムを開発したと発表した。また、NTT東西が全国で約4万2000台設置しているICカード公衆電話を利用して、口座から手軽に電子マネーを入金することもでき、ICクレジットカード端末の規格「EMV方式」や金融機関で検討が進められている「オフラインデビット」の仕様にも対応しているということである。NTTデータは2002年1月25日に、接触・非接触の両インタフェイスを搭載した多機能・多目的利用が可能なコンビネーション型ICカード「Xaica-α(ザイカ・アルファ)」を開発したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.nttdata.co.jp/release/2002/012500.html)で知ることができる。日立製作所システムソリューショングループは2002年2月28日に、コンサートや演劇等のチケットをインターネットで予約、決済を行い、当日、劇場に設置されたマルチメディア端末で発券を行うA SPサービス「チケット予約・決済サービス」を興行主向けに2002年3月1日から販売開始することを発表した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews-m/2002/0228/index.html)で知ることができる。日立製作所は2002年11月19日に、日立製作所が2001年6月28日に開発したと発表した0.4mmの角のチップサイズ中に集積し、世界最小の非接触ICチップ「ミューチップ」が、2005年に愛知県で開かれる2005年日本国際博覧会の入場券に採用されたと発表した。「ミューチップ」を入場券に埋め込むことで、券1枚1枚に固有のID(認識番号)を付与することが可能になり、カラーコピー機等で複写をしても、入場時にIDで認識するため、偽造券での入場を防ぐことができる。また、入場券をネットワーク上でID管理できるため、入場券の流通状況の把握(流通トレーシング)が可能になりる。さらに、リアルタイムで入場者の状況が把握でき、来場者は、携帯電話やインターネットで、事前にパビリオンや催事の予約ができるようにもなる。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/2001/0628b/)または、URL(http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/2002/1119a/index.html)または、URL(http://www.hitachi.co.jp/ubiquitous/kaihatsu/tech06.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月9日に、Robert J. Cramerによる偽造IDとIDの偽物を浮かび上がらせる実験報告書「Security: Counterfeit Identification and Identification Fraud Raise Security Concerns, by Robert J. Cramer, managing director, Office of Special Investigations, before the Senate Committee on Finance. GAO-03-1147T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1147T)で知ることができる。KDDIと日立製作所は2003年12月12日に、KDDI(au)の第3世代携帯電話CDMA 1Xをベースに、交通系等で利用されている非接触インタフェースを利用し、携帯電話のICカード内に格納された電子バリューを非接触アンテナから送信することで、JR東日本などの交通機関の改札/ゲート通過や、ぴあ等で実施している電子チケットなどでの利用できる差し替え可能な接触・非接触デュアルインタフェースICカードを搭載した携帯電話を共同開発したと発表した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/media/New/cnews/031212a.html)で知ることができる。経済産業省商務情報政策局情報セキュリティ政策室は2004年4月12日に、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が策定し2003年8月に無線LANのセキュリティ啓発に関してパソコン・無線LANの機器メーカ等が遵守すべきガイドラインを、さらに簡単・確実なセキュリティ設定の実施に向けて改定したことを発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0005134/)で知ることができる。第一生命経済研究所は2007年5月8日に「電子マネーで「貨幣がなくなる」説の信憑性 〜年間▲6.4億枚の節約効果〜」を公開し、電子マネーの普及に伴い、硬貨の流通量が年約6億4000万枚も減少していると報告した。とくに、一円、五円、十円、五十円の少額硬貨の流通は伸び悩み、減少の傾向を示している。ただし、自動販売機など用途の多い百円、五百円硬貨は一貫して増加傾向を示している。詳細情報はURL(http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kuma_index.html)または、URL(http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kuma/pdf/k_0705b.pdf)で知ることができる。


スキー場での自動改札システムの構成
日立の非接触ICカード
日立非接触ICカードの耐久性
フランス・ブルの接触・非接触カードの構造
NTTが開発しているICカード・貨幣併用型ICカード電話機
NTTが開発しているICカード専用電話機
NTTが開発しているICカード専用電話機の機能図
NTTが開発しているICテレホン・カード
NTTが開発しているICテレホン・カードを使った環境システムズ
腕時計タイプの非接触ICシステム
腕時計タイプの非接触ICシステム装着風景
西欧のインターネット状況
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
イタリアの2000〜2004年インターネット事情
2000〜2004年のブロードバンド・ユーザー
GAOが公開した米国のHighway Projects
米国のIDカード
GAOが2001年11月30日に公開したカード地獄とカード天国
コンビネーション型ICカードの概要
Gartner Dataquest社が2002年9月19日に発表した無線LAN市場予測
ミューチップ
ミューチップの利用概念
GAOが2003年1月23日に公開したハイウェイ管理開発税に関する統計調査報告書
GAOが2003年5月8日に公開したハイウェイ建設管理支援に関する実験レポート
GAOが2003年5月14日に公開した、高速道路の安全確保計画レポート
GAOが2003年9月9日に公開した、偽造IDとIDの偽物を浮かび上がらせる実験報告書
GAOが2003年11月4日に公開したクレジットカードに関するレポート
差し替え可能な接触・非接触デュアルインタフェースICカード搭載携帯電話の事例
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載されたStrassburg駅-1
Strassburg駅-2
Illustrirte Zeitung1846年1月24日号に掲載された1845年11月30日のLondonの鉄道計画局前
利権を求めて集まった鉄道関係者
鉄道計画会議
鉄道計画室
鉄道企画室で図面を奪いあう関係者
Illustrirte Zeitung1846年4月11日号に掲載された北ドイツの鉄道信号サイン
鉄道手信号
鉄道信号操作風景
Telegraphで指示された鉄道信号
Telegraphの指示で信号を動かす鉄道員
鉄道緊急停止
Illustrirte Zeitung1847年3月6日号に掲載された列車事故防御服
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphの海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraphのGrinez Klippe海底ケーブル敷設風景
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDover側のTelegraphターミナル
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたDoverとGalais間のTelegraph出力器
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph印字機
Illustrirte Zeitung1850年9月21日に掲載されたTelegraph解読印刷機
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegrapheテープ
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたTelegraphで書かれた絵と文字
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-1
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-2
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-3
Illustrirte Zeitung1851年10月11日に掲載された海底ケーブルの製造-4
Illustrirte Zeitung1851年11月29日に掲載された大西洋横断海底ケーブル敷設計画
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車のブレーキ・テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された汽車の重量測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された車輪間隔測量
Illustrirte Zeitung1851年12月16日に掲載された枕木テスト測量
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された列車の昇降テスト
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたBavaria汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたSeraing汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたVindobona汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月13日に掲載されたWieenerNeustadt汽車
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたドーバー海峡トンネル計画図
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-1
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-2
Illustrirte Zeitung1851年12月20日に掲載されたアルファベットTelegraph解読印刷機-3
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版概要
「無線LANのセキュリティ」に関するガイドライン改訂版
総務省が2004年4月26日に公開した無線LANのセキュリティ・ガイドライン概要
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン
総務省の無線LANのセキュリティ・ガイドライン資料
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたベルギーでの海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年12月17日に掲載されたパリの公共鉄道バス
Illustrirte Zeitung1853年5月28日に掲載されたSpezziaとCorsicaの地中海海底ケーブル陸揚げ風景
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機
Illustrirte Zeitung1853年2月11日に掲載された列車暖房機温度表示器
Illustrirte Zeitung1855年11月3日に掲載されたミュンヘン工業博覧会会場で開催された第1回南ドイツ音楽祭
Illustrirte Zeitung1855年11月3日に掲載されたパリ工業博覧会を訪ねたナポレオン皇太子
Illustrirte Zeitung1855年5月16日に掲載されたパリの水晶宮
Illustrirte Zeitung1856年3月8日に掲載された急行汽車
列車方向転換装置
Illustrirte Zeitung1856年6月14日に公開されたポツダム橋列車落下事故
Illustrirte Zeitung1856年6月28日に公開されたパリ工業博覧会
第一生命経済研究所による「電子マネーで「貨幣がなくなる」説の信憑性

RFID
ATM(Automatic Teller Machine)
ICカード
光ICカード
自動パスポート改札機
CCS(Card Call Service)
多目的ICカード
Crypto card
偽造・変造犯罪
インターネット・ビジネス専用保険
ワイヤレスカード
iButton
ICカードの現状調査報告書−利用ガイドライン策定に向けた現状報告
MONDEX
交通関連のURL(海外)
交通関連のURL(国内)
車両管理システム
定期券キセル防止装置
Multiple Acquiring
PDP(Plasma Display Panel)
ECOMの電子商取引向けICカード利用ガイドライン
シングル・サインオン
SecureVision
B to C
50ドル・ルール
WIT
渋谷スマートカードソサエティー・プロジェクト
NAFCU
自動契約・相談システム
ワンチップハイブリッドICカード
ICトーク
ICカード乗車券実験
定期券キセル防止装置
ICカード公衆電話サービス
偽造・変造犯罪
モジュール
C-CHECK
ALIS(Alternate Lighting of Surfaces Method)
メディアステーション研究会
BiStatix
テトラブリットカード
M2card
ECM(Electronic Compliance Monitoring)
ポケットベルが消えた日
FeliCa
Edy
スイカ
接触・非接触共用ICカードの公開鍵暗号
Public Phone2000-i
特定交通情報提供事業
ドイツの大学ICカード学生証
電子チケット
FlexTicket
e-Transit
e-駅スポット
薄く、自由に曲がるTFT液晶
薄く、自由に曲がるシート状基板
無線LAN倶楽部
NTTブロードバンドプラットフォーム
パソリ
スルッとKANSAI協議会
モバイル電子チケット・会員証サービス基盤
ミューチップ
2005年日本国際博覧会
ICタグ
MasterCard PayPass
AT&T PrePaid Web Cents
Duocash
カード・リーダー
カード・ライター
OEM(Original Equipment Manufacturing)
パブリックビジネス
ハイパータグ
Identity Theft and Deterrence Act
シート・ディスプレイ
NTSB(National Transportation Safety Board)
ICOCA
u-Japan構想
TesStar
スキミング
預金の不正引き出し補償制度
50ドル・ルール
e-Plate
EMV
TOICA
Project Higgins
SWIMO
電子スリ
チェリー・カード
PASMO