ニューロ・コンピューティング

neuro computing


人間の脳細胞の働きを模倣してコンピュータを作ること、または作られたコンピュータで、ニューロン(nuron)とは神経細胞のことで、人間の神経回路ではシナプスという結合でニューロンが複雑にネットワーク(neural network)を作り、この仕組みをまねた並列回路網をもとにつくられたのがニューロ・チップ(neuro chip)です。

>> さらに詳細な情報はこちら


1986年のノーベル物理学賞受賞者紹介のページ
世界で初めてナノの世界を視覚化したエルンスト・ルスカと電子顕微鏡
ニューロ・トランジスタの構造(東京工業大学の試作)
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-1
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-2
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-3
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-4
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-5
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-6
Polaroido社のDigital Microscope Camera
Polaroido社のDigital Microscope Cameraで撮影された画像GIFアニメーション
日立が開発した透過電子顕微鏡と高感度TVカメラシステム
日立が開発した走査電子顕微鏡S-3500N
液晶の分子配列の模型
科学雑誌「Nature」2000年6月22日号の表示イラスト
1877年10月6日にScience Americaで発表されたBell's New Telephone
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
BMDOとVIGILANTE projectが開発した3DANNプロセッサ
Hendrik Schon
Zhenan Bao
実験中のHendrik SchonとZhenan Bao
極小の有機トランジスタの物理構成
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
ベル研究所のトランジスタの定義
Illustrirte Zeitung1845年1月4日号に掲載された有機化学を体系化したJustus Liebig
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の外観
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の研究室
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたDubois Reymond物理実験
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたウサギの電気実験
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された物理学者Christian Friedrich
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室