インターネット暴動

internet riot/Web sabotage

ネット暴動

インターネット上で抗議運動をする行動で、インターネット上でのワイセツ表現の規制条例を盛り込んだ米国の電気通信法改革法案が1996年2月2日に可決し、この規制条例が憲法で保障された表現の自由の侵害に当たるとして、米国の市民団体がインターネット上で抗議運動をしました。これをブルーリボンキャンペーンともいいいます。

>> さらに詳細な情報はこちら


Netscape社の抗議画面
Gamelanの抗議画面
Exploraの抗議画面
THE BLUE RIBBON CAMPAIGNの意志マーク
THE GOLDEN KEY CAMPAIGNの意志マーク
VTW's Free Speechの意志マーク
ヨーロッパのTelecom Boycottの表示シール
ボイコットしたページの見本
telecom.eu.orgのボイコット指示ページ
日米双方とも3分間の料金比較
日米双方とも3分間の公衆電話料金比較
世界25カ国のインターネット接続料金を比較(Fakten zum Internetより)
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
1分あたりのインターネット電話料金に見る日本からの国際距離
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
欧州委員会が開設した独自のインターネットトップレベルドメイン「.eu」
個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
中国のインターネット人口の推移
中国の携帯電話販売台数の推移
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
米国におけるインターネット接続方式と価格の比較(1999年)
米国における衛星とCATVインターネット接続の増え方の比較予測
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
西欧のインターネット状況
意外と多いインターネットを利用しない米国人
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
Junk Food News 1877-2000
米国の博物館と図書館レポート2002
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
Netactionが公開した「Our Stake in Cyberspace」
ディスプレイ・ホールに展示されている「自由の鐘(Liberty Bell)」
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-1
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-2
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-3
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-4
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-5
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-6
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-7
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-8
修理とテストをしている「自由の鐘(Liberty Bell)」-9
2003年10月9日に「自由の鐘」が移動すると報告したサイト
avexが2004年8月1日に公開したリリース
avexが2004年8月2日に公開したリリース
avexが2004年8月3日に公開したリリース-1
avexが2004年8月3日に公開したリリース-2
avexが2004年8月3日に公開したリリース-3
「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2003-2004 A」最終日のライブ映像無料公開情報サイト
外務省が2005年4月12日に公開した「中国における日本関連抗議活動」
中国における対日活動に関する中国外交部報道官発言について(外務報道官談話)
ASEM外相会合における日中外相会談
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言

インターネット告訴
フレーマー
トロール
Censorship
クリッパー・チップ計画
EFF
サイバーポン
ネット・ヘイト
ネットワーク上のプライバシー侵害問題
インターネット
ネチズン
ネット世話役
video vigilante
電子自警団
ブラインド・ファキシング
サイベリア
MUD(Multi User Dungeons)
インターネット上のワイセツ画像摘発
メガ・キャリア
米国内の通信改革法案
NetNanny
ネチケット
電子ネットワーク協議会
電子ネットワーク協議会のルール&マナー集
倫理問題に係る自主ガイドライン
電子ネットワーク協議会の倫理綱領
倫理綱領とルール&マナー集の要点
「『倫理綱領』に抗議します」
倫理綱領抗議文
ドイツ新テレコミュニケーション法案
ドイツ・マルチメディア規制法
ドイツのマルチメディア規制法関連URL
電子取引法制に関する研究会
SafeSurf
SurfWatch
コンピュータ不正アクセス対策基準
コンピュータ緊急対応センター
サイバー・テロ
インターネット・デモ
マッド・サイエンティスト
電子プラカード
組織的な犯罪に対処するための刑事法の整備について
ネオ・ラッダイト運動
盗聴法案
EPIC(Electronic Privacy Information Center)
マルチメディア・スーパー・コリドール
ゴア副大統領(当時)の暗号化キー関連政策
KES
フィルタリング機能の検討案
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
Safety-Net
RSACi
性とメディア
Cyber Patrol Coporate
自由の疫病
バーチャル・アイデンティティ
バーチャル・セックス
仮想現実タレント
デザイナー・リアリティ
米国の電子暗号化技術国外輸出
電子署名法
「組織犯罪対策」に反対する刑法学者の声明
フィルタリング・システム
メリーランド州のネットハラスメント防止法案
Telecommunications Act of 1996
「大阪わいせつリンク」事件について
リンク 猥褻物陳列罪 プロバイダの責任
国際暗号協定
CDA
サイバー法
OECDの暗号政策ガイドライン
Manhattan Cyber Project
個人情報の保護に関するガイドライン
暴力ゲーム
Kids GoGoGo
IuKDG
映画Ratingシステム
インターネット風俗画面研究会
クリントン大統領(当時)のワイセツ情報規制策
CESA倫理規定
フィルタリング機能の構築
京都・わいせつ画像データ裁判
Privacy Assured
NCSA(National Computer Security Association)
情報システム安全対策指針
盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会
日本国憲法とマルチメディア
不健全指定を受けた出版物
インターネットの危機
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
インターネット上の情報流通ルール
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
情報流通ルールに関する意見募集(終了)
情報の自由化宣言
レイティング・データを知るための方法
Blue Window
風営法改正
米国の過激な学校のフィルタリング規制法案
静岡県インターネットプロバイダー生活安全協議会
ネットワーク犯罪防止法
FCCのVチップ規則
プライバシーマーク制度
ネチズン保護法
ネットに必要な10の法案
ebase
IBMご利用ガイド
メール脅迫者
CHALK
FTCのインターネット・プライバシーに関する提案
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-1
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-2
盗聴法案の国会審議入りに抗議します
1998年5月14日のゴア副大統領(当時)の講演
データベース保護法案
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-1
NetAction
スウェーデンのElectronic Bulletin Boards
Online Privacy Alliance
Digital Kids
NCCIL
コンテンツのタブー
ネットワーク上の人格
Emily Postal's Netiquette Q & A
KIDSPLAZA
オーストラリア1999年放送サービス修正法案
通信の定額料金制度
NTTの通信サービス
インターネット・ストライキ
サイバー・テロ
インターネット暴動
1999年2月10日に公開されたBoycott Buy.com
NAAL 2002
virtual sit-in
インターネット利用のルールとマナー集
電子署名・認証法
Webify
盗聴法を直ちに廃止することを強く訴える(声明)
バーチャルタレント・オーディション2001
Teacher Review
教授への批判や個人攻撃は名誉毀損にならない
天安門文章
7/7
サイバー探偵
chatterbot
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
iPROVE
メディア規制3法案
.kids.us
電子署名・認証利用パートナーシップ
Digital Pearl Harbor
seven dirty words
Censorship
情報セキュリティ監査制度
情報防衛センター
アカウンタビリティ
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
放送倫理・番組向上機構
Operation Peer Pressure
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
インターネット告訴
音楽配信元年
音楽配信
音楽配信-2001年
音楽配信-2002年
音楽配信-2003年
音楽配信-2004年前半
音楽配信-2004年後半
音楽配信-2005年
音楽配信-2006年
音楽配信-2007年
紙ジャケCD
メディアザウルス
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
Def Tech
巨大メディアと下品番組の関連性
スポーツ・コンテンツ/2006年
the Communications Opportunity, Promotion, and Enhancement Act of 2006