情報操作/2002年

fake information>>information operations


情報を操作することによって、事実を湾曲し、目的達成のための手段にした2002年の事例です。

>> さらに詳細な情報はこちら


日本に入国しようとした金正日の後継者金正男のドミニカ・パスポート
日本銀行券の改刷について
1万円札のデザイン見本
5000円札のデザイン見本
1000円札のデザイン見本
肖像画の参考資料
日本ハム巻頭謝罪ページ
2002年7月29日のアニュアル・レポート
情報公開の受付簿等に関する調査結果
情報公開の受付簿等に関する調査結果資料
日朝平壌宣言
日朝首脳会談後の小泉総理大臣記者会見
小泉総理大臣北朝鮮訪問記者会見
小泉総理の訪朝に関する金大中大統領への電話連絡
北朝鮮ミサイル攻撃からの防御に関する文書の表紙
北朝鮮ミサイル攻撃からの防御に関するレポート-1
北朝鮮ミサイル攻撃からの防御に関するレポート-2
A secret document obtained and released by the Nautilus.
HEATER MISSILE DEFENSE A Limited Capability Is Needed
拉致問題に関する現地事実調査代表団メンバー
拉致問題に関する現地事実調査日程
拉致問題に関する現地事実調査拉致問題に関する事実調査チームの調査結果
拉致問題に関する現地事実調査北朝鮮より説明のあった個別情報
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
Netactionが公開した「Our Stake in Cyberspace」
米国警察による1992-2000の犯罪報告
ロシアの原子力発電所などにおける安全基準の危険性
米国の目
37周年を迎えたFreedom of Information Actレポート
イギリスの独立系シンクタンクが提供する情報に関する「Open Acces」
Illustrirte Zeitung1847年4月24日号に掲載されたバーゼルの百貨店
経団連が2004年6月22日に公開した宇宙開発利用の早期再開と着実な推進要求書
イギリスの漫画雑誌Punchに登場した政治家を風刺するMad Bull

シンクタンク
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作/2005年-1
情報操作/2006年
情報操作/2007年
情報操作/2008年
情報操作に関連するURL
虚報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
Conspiracy Theory
コンプライアンス
CAPPS 2
ICANN
ICANN/2002年
ICANN/2003年
ICANN/2004年
ICANN/2005年
ICANN/2006年
ICANN/2007年
GEWIS(Global Early Warning Information System)
誤解を招く、単語の並べ方
MAC(Message Authentication Code)
CTC(Counter-Terrorism Committee)
「e-エアポート」構想
NIFL(National Institute for Literacy)
バーチャル・デモ
e-airportプロジェクト
Operation E-Con
OPEC(Organization of Petroleum Exporting Countries)
boots on the ground
マニフェスト
国際ジャーナリストの仕事と技術
災害ジャーナリスト
FOIA
電子査証発行システム
XBRL(eXtensible Business Reporting Language)
RFID(Radio Frequency Identification)タグ
PLUコード
Zombie PCs
鳥インフルエンザ
信用と、事故後の対応
各省庁や公共機関専門の調査秘密エージェント
報道の自由とプライバシー
ID SNIPER
次世代地域情報プラットホーム
ダメージ・コントロール
This World: One Day of War
u-Japan構想
改ざん
誰が本当のビッグ・ブラザーか?
Simon Wiesenthal Centre
Def Tech
スピン・コントロール
鳥インフルエンザの国際協力臨戦体制