Cat and Dog

犬猫

日本の「犬猿の仲」という言葉と同じ意味ですが、プロジェクトの進行中に「Cat and Dog」という場合は、調子のいいときはべたべたスリよってきて、責任が掛かりそうになると逃げだし、現場で実際に仕事をやりはじめると半分もできず、文句ばっかりいっている責任者のことになります。何しろ「犬」や「猫」をつかったことわざは、あまり良くないイメージになることが多いです。

>> さらに詳細な情報はこちら